福岡絶品グルメ

福岡に行ったら絶対食べたい絶品明太子

知らない人はいない!福岡の明太子

グルメ王国、福岡の名物と言えばいろいろありますが、その中でも全国的に知名度の高いものと言えば、やはり「明太子」でしょう。
ご飯のお供にはもちろんのこと、料理の素材として使用したり、お酒のおつまみにも最高です。
しかし、その原料である「たらこ」は冷たい海を好むスケソウダラの卵で、北海道や三陸地方で主に水揚げされるため福岡とは直接関係がないように見えます。
唐辛子に関しても国内生産量よりも輸入の方が多く、日本の生産地でも東京や山形、北海道がメインであり福岡が特に多い訳でもありません。
では、なぜ有名なのかと調べてみると、隣国である韓国が大きく関係していることが分かりました。


福岡から全国へ

韓国生まれ・日本育ち

韓国にはキムチという唐辛子に漬け込む食品がありますが、実は明太子もキムチのひとつで、韓国では「ミョンテコ」と呼ばれ古くから食べられていたポピュラーな食品だったのです。
これを日本に初めて持ち込んだのが現在の福岡の有名明太子製造会社の創業者です。
幼少のころ韓国の釜山に住んでおり戦後日本に引き揚げてきてから乾物屋を営んでいましたが、釜山に住んでいたころ食べていたミョンテコの味が忘れられず、韓国からミョンテコを仕入れて販売していました。
しかし、ミョンテコは韓国人が作った韓国人向けの味付けであったため日本では思ったよりも売れ行きが伸びなかったため、それをより日本人の舌に合うように自らが改良したことが始まりです。
北海道から良質のたらこを仕入れて唐辛子に漬け込み、目指した味を求めて試行錯誤した結果、ようやく納得できる味に作り上げることができたのが昭和24年のことでした。
しかし、地方の一企業が作った商品はなかなか全国区にはなりませんでしたが、 昭和39年東京オリンピックが開催されることが決定したことにより東京と大阪間の新幹線を始めとした鉄道網や高速道路網が整備され、地方の特産品が東京に集まるようになりました。
この流れに乗って東京に進出したことに加えて新幹線が博多まで延伸されたことによって、福岡の明太子は「博多の味」として高い評価を得て一気に全国区になりました。
その後は首都圏を始めとした全国の大手デパートなどでも取り上げられるようになり、今ではスーパーマーケットでも気軽に購入できる博多の味として、老若男女を問わず人気の商品となっています。
創業者が釜山に住んでいたこと、ミョンテコを食べていたことがなければ、今の明太子はその存在自体がなかったかもしれませんね。

韓国生まれ?の明太子