福岡絶品グルメ

福岡に行ったら絶対食べたい絶品水炊き

福岡・博多の水炊き

博多の名物として高い知名度を誇っている水炊きは地元の方々が日頃から口にしている事はもちろん、観光やビジネスで福岡に訪れた方々が滞在中に楽しみの1つにする人気料理であり、日本における鍋料理の代表格です。
水炊きというのは鍋に対して水を張った上で野菜や鶏肉などの食材を投入して煮込んでいき、熱が通ったら薬味が投入されているポン酢醤油に浸して頂く方法が主流です。
予め出汁は取らず用いるのはお湯や水のみでシンプルな調理方法ですが、投入した食材から出る旨味成分によって風味豊かな味わいが楽しめますし、尚一層深みを高めたい時にも昆布を少量用いるのみです。
また、博多で親しまれている水炊きには2つの種類に分けられ1つ目は温められていない水の状態から具材を投入していった上で煮立たせる方法と、昆布だしを使って一度煮立たせてから具材を投入していく方法です。
水の状態から具材を投入し温めていく方法は博多風として扱われており、昆布だしを使用し一度煮立たせてから具材を投入する方法は関西風として扱われているのですが、福岡ではどちらも人気が高く鍋を頂く時の気持ちに応じて臨機応変に選ばれています。

福岡の隠れた名物


そして、同じく鍋料理の中で近しい印象に感じられている料理として寄せ鍋がありますが、寄せ鍋は醤油や酒、塩やみりん、味噌などを使用して各店舗や各家庭により異なる味付けが施されているのに対し、
水炊きは煮汁自体には味が付いていないので用いている食材の風味が直接的に感じられるという特徴があります。
しかも、さっぱりとした印象で頂けるので福岡では地元の方々も高い頻度で口にしている所以なのですが、同じくさっぱりとしている特徴によって得られる魅力としては次第に煮詰まっていく様子が無いため、 食べ始めてから食べ終わるまで一貫して同じ風味で食べ続けられる点が挙げられます。
さらに、博多の事例ではシンプルな調理方法と食材を使用しているのにも関わらず、しっかりとした味わい深さが感じられる理由として調理方法における特性があります。
それは食材に使用している鶏肉が持つ旨味成分を最大に引き立たせるべく、手羽先や鶏ガラなどを予め煮込んでおき、鶏肉がベースのスープを手がけてから水炊きの中に投入させる事例もある事です。
手羽先や鶏ガラなどを予め煮込んでおく方法は昨今の博多の鍋料理屋さんで行われる事例が増加傾向にあり、一味違う風味に舌鼓が打てると人気が高まっていて新たなトレンドになっています。

絶品水炊き