福岡絶品グルメ

福岡に行ったら絶対食べたい絶品もつ鍋

福岡のもつ鍋は一味違います。

福岡というと、様々なグルメを頭に思い浮かべる人が多いかもしれません。
明太子や豚骨ラーメン、水炊きなどといった幅広いグルメを堪能することができるのです。
忘れてはならないものとして、もつ鍋が挙げられます。
観光客に根強い人気を持っているだけでなく、福岡在住の地元の人たちからも愛されているのです。
その証拠として、福岡市内には数多くのもつ鍋の店が存在しています。
それぞれの店に特徴があり、予めリサーチをしてから来店すると良いでしょう。
せっかくの福岡の夜を心から楽しむために、もつ鍋を外すことはできないといっても過言ではありません。


もつ鍋

郷土料理として古くから愛されているグルメで、特徴としてアルミ鍋を使用する点が挙げられます。
その名の通り主役となるのはホルモンであるもつですが、他にはニラなどを一緒に炊き、味付けは醤油味で食べていたのがルーツとされているのです。
牛や豚のホルモンを使用するのが一般的で、具材として鍋に使用する部位は店によって異なっています。
鮮度や下処理で大きく味が変わってしまうため、丁寧にした処理を行っている店を選ぶことが大切だといえます。
鍋の締めにちゃんぽん麺を入れることが多いのですが、白米やうどんを入れる店もあります。
しっかりとスープを吸った麺の味は格別で、夢中になる人が多いのも納得です。

福岡市内の店には評判のところが多いのですが、それらの中でも特に高い人気を集めているのが、酢醤油で食べるスタイルが独特な店です。
スープはあっさりとしており、客からはいくらでも食べられると評判を呼んでいます。
具材の最後に餃子の皮をのせるのがオリジナリティーにあふれており、他では食べることができない鍋だとリピーターが多いのです。
小腸やセンマイ、赤センマイやハツと4種類のホルモンを味わいながら、酢醤油で食べることでさっぱりとした風味を堪能できます。

とろけた餃子の皮と酢醤油の相性は良く、締めのちゃんぽんまで食べ進めることができます。ちゃんぽんには胡麻がたっぷりとかけられ、胡麻の風味も相性は格別です。
一見すると多過ぎると感じられる量のちゃんぽんでも、実際には感触できてしまう人が多いのも、あっさりとしたスープのおかげだといえます。
この店の酢醤油で食べるというオリジナリティーのある鍋を求めて、わざわざ遠方から通う人が多いというのも納得できるほど、一度口にすると虜になってしまうといっても過言ではありません。


福岡といえばもつ鍋ですね